債務整理で最高のクチコミ

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 所有期間と税率について理解

所有期間と税率について理解

家の良さを体感できるオープンハウスは需要も高く、マンションの場合は特に買い手がつく確率が高くなります。

 

ただし、オープンハウスの長所が短所となる場合もあります。

 

たとえばどの部屋をいくらで売りに出すといった情報が住民に広く知られることが挙げられます。

 

近隣にも広告が入りますし、オープンハウス当日には、のぼりや看板が出て目立つように配置されるので、できれば誰にも知られずに売りたいのであれば、よく考えてから決定しましょう。

 

自宅や手持ちの不動産を売るなら手始めに、不動産相場というものを知る必要があります。

 

仮に購入時の価格が高かったとしても、相場は時価ですから過去の額はアテになりません。

 

バブル的な好景気ならまだしも、中古市場はすでに供給過剰ぎみですから、売主が思うほどの価格はつかないものです。

 

相場は市場をリアルに反映しています。

 

よく確認し、これなら比較検討してもらえるという価格に設定しましょう。

 

肝心の相場ですが、一括査定サイトで複数の不動産屋に提示してもらえば簡単にわかります。

 

譲渡所得というのは資産の売却により得た収入を指すので、自宅を売った代金というのも確実に譲渡所得ということになります。

 

所得税と住民税は譲渡所得にもかかってきますが、給与、山林、配当などその他の所得とは分けて、譲渡所得のみで計算します。

 

譲渡所得の税額は高めですが、5年を超えて所有した不動産については長期譲渡所得の特例が受けられるので、税率を低く抑えることができます。

 

住宅を売却する際は、所有期間と税率について理解した上で売る時期を決めるというのもありでしょう。

セルノート口コミ